いじめをなくすには

新潟県の中学校で、教師が生徒の名前に「菌」をつけて呼んだことが問題になっている。

 

とても悲しい。

 

僕たちは、いじめをなくすために、何をするべきか。

 

それは、学校のカタチ・在り方を変えることである。

 

まず、思春期の小中学生がひとつの箱(教室)に詰められて、共同生活を送るには無理がある。

 

そして、思春期の小中学生約30人を、一人の教員がまとめて管轄できるわけがない。

 

つまり、新しい学校のカタチを作る必要がある。

 

ホームスクーリングを導入して、思春期の子供と子供の交流をなるべく避ける必要があるだろう。

 

テクノロジーを最大限活用し、オンラインを用いた教育システムに移行する時が、やってきた。

 

まとめると、

 

① 学校の在り方に問題がある

 

② テクノロジーの恩恵を活用していない

 

No more bullying.