読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「リアル」について

毎朝、最寄の駅から約20分、電車に揺られている。

 

アートの町「下北沢」を越すと、オフィスの最寄り駅までもうすぐだ。

 

駅から徒歩数分、変哲もないオフィス街を歩いて行くと、オフィスが入居しているビルに着く。

 

ここで働き始めて、すでに1ヶ月以上が経過した。

 

ワンダーナッツ。

 

動画メディアを運営するこの会社で、ぼくは毎日働いている。

 

スタートアップで働いていると、本では学べないこと、大学では教えてくれないようなことを直接的に学ぶことができる。

 

これは、リスクを負ってスタートアップの世界に飛び込んだ者だけが経験できることであり、極めて貴重なものである。

 

そして時には、スタートアップの「リアル」さえも知ることができる。

 

そしてその「リアル」こそが、スタートアップの本質であり、それを全面的に肯定したものだけが、さらなる成長をつかむことができる。と、ぼくは思う。

 

だとすれば、「リアルを全面的に肯定すること」もまた、我々の What To Do なのかもしれない。