読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動画広告の種類とか市場とか

こんばんは。

 

夜遅くにすみません。

 

ワンダーナッツライオン上木です。

 

今回は、動画広告市場についての知識をここで共有できたらなと思います。

 

あなたは、「動画広告」と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?

 

ぼくは、YouTubeの動画を再生する前に出てくるあれを想像します。

 

5秒経過したらスキップできるあれです。

 

YouTubeの動画広告のようなフォーマットを、「インストリーム型動画広告」って言うらしいです。

 

他にも、「インバナー型動画広告」とか「インフィード型動画広告」、「インリード型動画広告」があるので、ここでざっくり説明しますね。

 

ほんとうにざっくりで申し訳ないです。

 

① インストリーム型動画広告

 

YouTubeの動画を再生する前に流れるあれ

・テレビのCMみたいな感じ

・「プレロール(動画再生前)」での流し方が一般的。「ポストロール(動画再生後)」とかもあるらしい笑

 

②インバナー型動画広告

 

・Yahooの検索欄の横とかにあるあれ

・CPC課金方式が主流

 

③インフィード型動画広告

 

FacebookとかTwitterを見ていると突然現れるあれ

・見てもらいやすいのがいいところ。例えば、ツイートとツイートの間に突然現れるから、(必然的に)見てもらえる。

・つまり、ビューアビリティ(閲覧可能状態)は高い

 

④ インリード型動画広告

 

・ウェブページを読み進めていくと、さらっとそこにあるあれ

・ここで紹介している動画広告のフォーマットの中ではいちばん普及していないタイプのフォーマット

 

それぞれのフォーマットにそれぞれの良さや悪さがありそうですね。

 

参考記事 

【決定版】動画広告の役割、種類、指標などの活用基礎を学ぶ | 動研 | Viibar

 

動画広告の市場規模

 

2015年に、サイバーエージェントが動画広告の発展とその市場調査を目的として設立した専門組織「オンラインビデオ総研」。このオンラインビデオ総研と株式会社デジタルインファクトが共同で行った動画広告市場の結果が、公開されています。

 

2016年の動画広告市場規模は、842億円。

 

2015年と比べると、150%以上の成長率です。

 

いかに、動画広告のビックウェーブがきているのかが、わかります。

 

今年はさらにどれくらい成長するのでしょうか。

 

気になりますね。

 

バイス別の動画広告需要

 

やっぱりスマホの時代ですね。

 

2016年の動画広告市場規模 842億円のうち、

 

スマートフォン動画広告需要が576億円

 

PC動画広告需要が266億円

 

スマホの方が断然需要が高いことがわかります。

 

スマートフォン動画広告需要は高まり続け、2020年には、スマートフォン動画広告需要だけで約1900億円の規模になるとの予想が発表されています。

 

ツイッターがインフィード広告だらけにならないか不安。)

 

参考記事 

サイバーエージェント、国内動画広告の市場調査を実施 | 株式会社サイバーエージェント

 

動画広告の市場規模(アメリカ版)

 

さすがはアメリカ。

 

なんと、2014年の段階ですでに2000億円規模にまで成長しています。

 

今後もどんどん成長が加速し、2017年(今年!?)には1兆2000億円規模にまで成長するという予測がたっています。

 

What a big wave.

 

参考記事

動画広告市場の盛り上がり | video-ad.net

 

 

 

今日の一言

 

「三脚はかなり重い」